ガーデンファニチャーの通販 | GISELE【ジゼル公式サイト】プレミアムチークファニチャー表参道

ガーデンファニチャー、ガーデン家具、チーク家具、屋外家具、リゾート家具の通販

RSS

(英)ダイレクトデザイン社・ファイヤースターター(着火剤)

 

(英)ダイレクトデザイン社・ファイヤースターター(着火剤)

価格:

2,381円 (税込 2,571円)

この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

購入数
ショッピングカートに追加
燃焼臭がなく、外装フィルムも有害物質が発生しません。透明フィルムにそのまま点火して使用します。


かんたんに火を起こす方法(着火剤利用をお勧めします)

キャンプ場や河原で「今日はBBQだ!」と意気込み、いざ炭に火を着けようとしても、なかなか思うように火が着かず、 ひたすら息を吹きかけたり、うちわで煽り続けたりと、面倒な経験をされた方は多いのではないでしょうか。ちょっとした準備と工夫で、いとも簡単に素早く炭を熾すことが出来てしまうんです。

1.着火の準備

まず着火剤を一番下に置き、その周りを立て掛け、真上にも炭を置く。着火のための炭なので量は少なめで良い。(注:酸素が無ければ火が起きないので、適度に空気の通り道をつくっておきます。)

2.着火剤に火をつける

火剤にライターなどで着火剤に火をつけます。隙間が大きいところには炭をのせます。
そして、炭に火が回るまで待ちます。炭をつついて動かすと着火に時間が掛かることがあります。

3.風を送り、火を大きくします。

完全に火が付き始めたのを確認し、うちわなどで風を送り、火を大きくします。
火の粉や灰、燃えかすなどがが周囲に飛び散りますので、紙類は燃やさない方が良いでしょう。

4.炭を追加して、火を広げます。

ある程度炭に火が回ったら、いったん炭を崩して平らにし、他の炭をその上にのせます。
そして再びうちわなどで風を送り、火を広げてゆきます。

5.炭からの炎が落ち着き、白くなったら調理開始。

炭から赤く炎が出ているうちは食材を焼かない。
炭から出る炎が落ち着き、うっすら白くなってきたら調理開始のタイミング。食材は焦げずに中までよく火が通ります。



消化方法とメンテナンス

火消しつぼがあればそれに入れて消す。(消し炭といって次回の着火剤として利用できます。
なければ炭が消えるまでそのままにしておく。水を直接掛けると危険。グリルが変形する恐れがあります。

グリル網の汚れは専用のブラシで綺麗に洗い流し、水気を取り、サラダ油を塗っておきます。(錆防止)
炭は完全に火が消えたのを確認してから、灰を捨ててください。

準備するものリスト

ホームセンターで販売しているもので十分。海外の安価なものは着火は早いが、すぐ燃え尽きる物が強い。
備長炭は長時間燃焼するが、火付きは悪い。予算があれば併せて使うと良い。

一般的なバーベキューの道具は、炭を使うことが前提になっています。

着火剤

着火時のみ使用。ブロックタイプやペーパー状、ゼリー状のものがある。
ゼリー状の着火剤を使用する際は危険なので、火が点いているところに継ぎ足しするのは禁止事項。

バーナー・ライター・マッチ

ライターはチャッカマンなどの火付け専門ライターが使いやすい。

うちわ・送風機

炭の火おこし時にあるとかなり便利です。

クーラーボックス

食材や飲み物を冷やしておく為に必需品。

トング×2

炭用・食材用でそれぞれに。